採用ブログ

新人職員インタビュー

10月になり、新人職員の皆さんも令和3年4月入社から半年経ちました。
現在の心境や今後の目標などについて取材させて頂きました。

まずは、きたまち苑所属事務員の武智さんにお話を伺いました。


①入社してから半年経ちましたが、現在の心境はどうですか?
入社当時に比べて、できる仕事が増えてきた嬉しさもありますが、その分難しい仕事も多くなってきました。これからも気を抜かず、責任感をしっかりと持って仕事に取り組んでいきたいです。

②仕事の中で印象に残っていることはありますか?
 デイサービスの利用者様とお話しする機会があり、その時に少しレクリエーションにも参加させていただきました。普段は事務所にいることが多いので、とても新鮮で、ご利用者様と接したり、他の職種の仕事を直接目にすることで福祉施設の職員としての自覚をより深める良い経験となり、とても印象に残っています。

③今後の目標、意気込みを教えてください
 先輩方のように、「迅速かつ正確な仕事が出来るようになる」、というのが目標です。目標を達成するためにも、自分が担当している仕事以外のことでも先輩方がどのように仕事をしているのかをよく見て学ぶことを心掛けていきたいです。


④将来への仲間へのメッセージ
 私は、事務職員として、施設のご利用者様が快適に過ごせるように、また職員が円滑に仕事できるように、「迅速かつ正確な仕事」を目標に仕事に取り組んでいます。
 同じ目標を持つ仲間と一緒に仕事ができたら嬉しいです。仕事をする中で、大変なこと、辛いこともありますが、一緒に頑張っていきましょう!