採用ブログ

新人職員インタビュー④

前回に引き続き、新人職員インタビューの第4弾です。
桉樹苑の新人機能訓練指導員の北西さんにお話を伺いました。


①入社してから半年経ちましたが、現在の心境はいかがですか?
 配属された施設では、機能訓練指導員が一人なので大変なこともありますが、自分で訓練内容を考えて、リハビリができることにとてもやりがいを感じています。

②仕事の中で印象に残っていることは何ですか?
 ベッドから車いす間を全介助レベルで移乗していた利用者様を、一部介助レベルに変更できたことです。利用者様にも喜んでいただき、自分で考えた訓練内容で結果を出せたことがとても嬉しく、印象に残っています。

③今後の目標、意気込みを教えてください。
 利用者様の身体機能の維持・向上を目指し、施設内での生活をより良いものにすることです。また、利用者様の安全を第一に考え、事故等なくリハビリテーションを提供していきたいです。


④将来への仲間へのメッセージ
 機能訓練指導員は配属先によっては一人の場合もありますが、自分で訓練内容を考えてリハビリを行うので、とてもやりがいがあります。また、多職種の職員さんも優しく、何でも相談にのってくれると思います。もし、同じ職場になることがあれば、一緒に協力して頑張りましょう!