先輩メッセージ介護職員
堤達也さん

入社年:平成28年
勤務施設:すみれ荘
専攻していた学科:人文学科

なぜ全く違う学科から介護の道を選んだのですか?

最初は学科も違うため、介護業界への興味はありませんでした。就職活動をしていた頃、とりあえずいろんな業界の話を聞いてみてから決めようと思って、合同説明会に参加しました。その時にすみれ福祉会のブースで話を聞いて、まずは施設見学に行ってみようと思いました。実際に施設見学をしてみると、いろんなギャップがありました。職員は義務的な考えで働いているのではなく、職員とご利用者様、ご利用者様同士でのコミュニケーションが想像以上に盛んで楽しそうでした。なんとなくでしかイメージしていなかった介護の仕事でしたが、ご利用者様の身の回りの介助をしている職員の方たちを見て、誰かのために働き、その人の役に立っているという強い実感を得られるのはきっとこの仕事だと思ったんです。

すみれ福祉会を選んだ理由は何ですか?

介護業界にマイナスのイメージがありましたが、合同説明会で話を聞いたとき、職員みんなが明るくて、それが不思議でまず施設見学に行くことを決めました。施設見学のときには、説明以外にも歳の近い職員の方がいろんな話をしてくれました。趣味なんかのプライベートな話でも盛り上がったり、介護の面白いところだったり。職員の方たちみんな親しみやすくて、それに給与や福利厚生も他と比べるとしっかりしていました。はじめ何もわからなくてもゆっくり先輩職員が教えてくれるときいて、バックアップのしっかりした所で、こんな職員さんたちと一緒に働きたいと感じてすみれ福祉会に決めました。

やりがいを感じるときはどんな時ですか?

やっぱり、ご利用者様やご家族から「ありがとう」と声をかけてもらったときですね。僕、入社当時は表情の変化があまりなくて、ご利用者様の見守りをしているときに、先輩職員から「監視しているみたいになってるよ」と言われたことがあります。でも少しずつ笑顔と明るく話すことを意識してご利用者さんと接しているうちに、それが自然になってきたんです。ご利用者から話しかけられることも増え、そして同じように「ありがとう」と声をかけてもらう回数も増えました。その言葉や思いを裏切りたくない、応えなければいけないといつも聞く度に感じます。そして僕のモチベーション向上の最大の理由にもなっています。

将来の仲間へのメッセージ

楽な仕事ではないけれど、人と接する喜びに満ちた非常にやりがいのある仕事で、職場としても働きやすい所ですよ!

他の先輩社員メッセージ