新着情報

さくら荘お月見喫茶

コロナウイルスの影響で利用者の皆様には外出ができないことや、面会の制限など大変ご迷惑をおかけしています。
そこで、少しでもリフレッシュしていただけるよう、お月見喫茶を開催しました。



みたらし団子を召し上がられて多くの利用者様から「美味しかったよ」とご感想をいただきました。


ケアハウス花みずき レクリエーション活動




コロナ禍で外出できない日々が続いています。入居者の皆さんに楽しんでいただこうと、職員一同内容を創意工夫し、レクリエーションの場を提供させていただいています。この日は、タッセルを作りました。シルバーカーにお守りとしてつるす方、居室のドアノブに目印としてかける方、皆さん、それぞれの使い方をされています。


認知症対応型デイサービス③ 余暇時間(自由時間)

最終回は、余暇時間(自由時間)の過ごし方について、ご紹介します。


余暇時間には、ご利用者様の趣味や関心のあることを職員と一緒に実施しています。
顔なじみのご利用者様とおしゃべりをして、交流を深められる方。
趣味活動(文字を書く練習、貼り絵、パズル、縫い物など)に時間を費やされる方。



紙芝居、テレビや雑誌をみて過ごされる方。



皆さん、各々の時間を有意義に楽しんでおられます。


認知症対応型デイサービス② レクリエーション

2回目の今回は、レクリエーションについてご紹介します。


通常は午後からが、レクリエーションの時間となります。
職員と一緒に風船バレー、しりとり、いろいろなゲームをして楽しんでいただいています。
また、年に何度かは、お好み焼きやホットケーキ等、おやつ作りも実施しています。
今回は、夏の風物詩「すいか割り」をしました。
すいか割りの後は、みなさんで美味しくいただきました。



一般併設型と認知症対応型との合同のレクリエーションもあります。
音楽療法の一環として「盆踊り」を楽しんでいただきました。
ご利用者の何名かに浴衣を着ていただいて、一緒に踊ったり、手拍子や掛け声で場を盛り上げ、盛大な盆踊りとなりました。
ご利用者様も大変喜んでおられました。



ご存知ですか?

さくら荘デイサービスには、一般併設型デイサービス(定員55名)と認知症対応型デイサービス(定員12名)があります。
今回より3回に分けて、認知症対応型デイサービスについて、ご紹介いたします。

認知症対応型は、定員が少人数であるため、ご利用者様と職員との距離がより近く、より手厚い介護を受けられ、一般併設型のお部屋とは別のお部屋で、よりアットホームな雰囲気で1日を過ごしていただいております。


一般併設型のお部屋



認知症対応型のお部屋



興味のある方、関心のある方は、お気軽にお問い合わせください。